トラックの重さによる料金差

トラックの重さによる料金差

引越しの料金は、運搬に使用するトラックの重さでも、細かく異なってくると言われています。というのも、どのトラックを使用するのかによって、引越しの作業をする側の労力も異なってくるので、やはりこの段階で料金差が異なってきます。もちろん、この点について知っておくことも、見積もりを依頼する上では絶対に欠かすことができません。では、トラックの重さによる料金差がいかなるものなのかについてお話します。

トラックの重さに関して計算をする際に基準になるのが、1トンという単位です。実際に業者ではトン1とかトン2、トン3という言い方をするのですが、それぞれ1トンあたり1万円、1トンあたり2万円、1トンあたり3万円という意味になります。もし1トンではなく2トンのトラックを使うことになれば、その分料金も倍になります。例えばですが、トン2の条件で2台のトラックを使用することになれば、4万円という計算になります。

引越しの内容にもよるのですが、荷物が多い場合、あるいは立地条件が特殊な場合などは、それだけ多くのトラックを使用する必要も出てきますが、その場合は見積もりの際に詳細について担当者から伝えてもらうことができるので、もし疑問に思ったらその場で聞いておくと良いでしょう。もし少しでも安い金額で作業を依頼したいという希望がある場合は、業者としてもその希望に沿うように最善を尽くしてくれることもあるので、その希望について伝えておくのも望ましいです。

関連記事

  1. 訪問見積もりの活用
  2. 複数の業者による見積もり
  3. 様々な条件による料金の違い
  4. 距離制料金の特徴
  5. 引越しの見積もりにおける料金 時間制料金の特徴
  6. 中小業者の料金の特徴
  7. 大手業者の料金の特徴
  8. 引越しの見積もりの後に断る場合
  9. 引越しの見積もりの際の態度