距離制料金の特徴

距離制料金の特徴

引越しの料金は、時間制料金のみならず、距離制料金が採用されていることもあります。もちろんですが、この料金制度は、時間制料金とは違った特徴を持っています。どちらのタイプが個人のニーズに向いているかについては、引越し業者に見積もりを依頼してみないと分からないことですが、見積もりの結果、距離制料金の方がニーズにマッチしていると思ったら、このタイプを採用している引越し業者に作業を依頼すると良いでしょう。では、距離制料金の特徴についてお話します。

この料金制度では、移動距離によって支払うべき料金が決まってきます。もちろんですが、移動距離が長ければ長いほど、料金も多くかかるのが大きな特徴です。どの距離でいくらの金額になるかについては、業者によって違いがありますが、大抵の場合は基本料金としてある一定の距離までを設定しておき、その距離を超えた場合に追加料金がかかるという仕組みになっています。基本的には移動距離が100キロを超える場合には、100キロを基本に考えて、そこから追加料金が課金となります。

ただし、比較的短い距離での移動が前提なのであれば、20キロまでを基本料金の距離と設定し、そこから1キロを超えるたびにいくらという計算方法となります。距離制料金を採用している業者に見積もりを依頼すると、基本の距離がどれだけで、追加料金が一体どれぐらい必要になるのか、より具体的に教えてもらうことができるので、遠慮なく担当者に聞く方が良いでしょう。

関連記事

  1. 訪問見積もりの活用
  2. 複数の業者による見積もり
  3. 様々な条件による料金の違い
  4. トラックの重さによる料金差
  5. 引越しの見積もりにおける料金 時間制料金の特徴
  6. 中小業者の料金の特徴
  7. 大手業者の料金の特徴
  8. 引越しの見積もりの後に断る場合
  9. 引越しの見積もりの際の態度