引越しの見積もりの後に断る場合

引越しの見積もりの後に断る場合

引越し業者に見積もりを依頼したからといって、その後に必ず契約を結ばないといけないということはありません。一度見積もりを依頼すると、断りづらいと感じることもあるかもしれませんが、そのような気持ちになることはありません。あくまでも見積もりは引越しの費用がいくらぐらいになるのかを知るために行うのであって、契約を結ぶことが前提ではないのですから、他の業者に当たってみても特に問題はないのです。では、もし契約を断る場合は、どのように対処すれば良いでしょうか。

この際に大切なことは、丁重に断った上で明確に意思表示をすることです。ここで曖昧な態度を出してしまうと、業者としても「もっとはっきりしてくれないか」という気持ちになり、困らせてしまうことになります。つまり、曖昧な返答をしたところで、担当者がどうしようもなくなってしまうのです。どういうケースでも、1社だけで費用を出してみても、その費用が高いのか安いのか、自分では客観的に理解できないものです。それならば、他の業者に作業を依頼した場合に、どれぐらいの費用がかかるのか知ってみる方が、費用に関して客観的に理解することができます。

まずはいくつかの複数業者の結果を出し、それらを天秤にかけてみると、最終的にどの業者と契約をすれば良いのか、適切に決断を下すことができます。このようなことを考えると、費用を出してもらった後に即座に契約を結ばなかったからといって、それに対して罪悪感を感じるような必要は全くないのです。

関連記事

  1. 訪問見積もりの活用
  2. 複数の業者による見積もり
  3. 様々な条件による料金の違い
  4. トラックの重さによる料金差
  5. 距離制料金の特徴
  6. 引越しの見積もりにおける料金 時間制料金の特徴
  7. 中小業者の料金の特徴
  8. 大手業者の料金の特徴
  9. 引越しの見積もりの際の態度